ハリーポッター(映画)動画を吹き替えで無料視聴するならこちら!!

ハリーポッターはイギリス人の作家、J・Kローリングが作った小説作品です。1997年に刊行されると、世界的なヒットとなり、73言語に翻訳され、シリーズ世界累計発行は4億5000万部以上となっています(^^)/

また驚くべきことに、1997年に刊行された当初、J・Kローリングは全く無名の新人であり、それが初作だという事実。これはひとえに、ハリーポッターの世界が異次元の魅力を備えていた、ということでしょう。

そんなハリーポッターは、刊行から4年後の2001年に映画化され、そちらもスーパーなヒットを続けていることは、私が説明するまでもないと思います。

今回はそんな映画、ハリーポッターの動画(吹き替え版)を無料視聴する方法をお伝えします。

これを読めば速やかに、1円も使わずハリーポッターの世界に突入することになります。また、記事後半では、ハリーポッターの見どころや、ハリーポッターを見た映画ファンの感想もまとめていますので併せて確認してみてくださいね。

ハリーポッター(映画)動画吹き替えを無料視聴する方法はこちら

【ハリーポッター】動画フル吹き替えが見れるのはU-NEXTだけ!!

U-NEXTでは今なら31日間無料トライアルを実施中!

ハリーポッターシリーズ賢者の石から最新作まで一気にみることができちゃいます♪

>>31日間トライアルで見る

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした

U-NEXTの動画配信数は12万!!

映画以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録しておくことをおすすめします。

U-NEXTで配信されている映画だと、『溺れるナイフ』『バイオハザードファイナル』や『パーソンインタレスト』、『シンゴジラ』など他の動画配信サービスではまだ見れない新作を見ることができるので、チェックしてみてくださいね!!

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全な方法で視聴することをおすすめします。

ハリーポッター(映画)あらすじ

この作品の主人公、ハリーポッター少年は、11歳の誕生日に自分が魔法使いだという事実を知ります。孤児であり、義父&義母に冷遇され、従兄弟などにイジメを受けながら成長してきました。

魔法使いだと知ったハリーその後、ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、今まで全く知らなかった魔法界の世界に触れる。

と同時に、魔法能力を持った多くの人間たちと出会い、どんどん成長を遂げていく。ヴォルデモート卿なる人物が、ハリーの両親を殺害しており、不思議な因縁を知り、対決することになります。

ハリーポッターの魅力は、ながら見をしてては理解できないほど、重厚なストーリー展開。ハリーや仲間たちの成長や、いつの間にか世界に入り込んでしまうところにあると思います。

ハリーポッター(映画)動画フル吹き替え以外に、U-NEXTで見れる作品は?

U-NEXTで映画「ハリーポッター」の世界に入り込んで抜け出せなくなった後は、他の映画動画フル作品も無料でお楽しみください。

動画は、今回紹介した吹替版以外にも、字幕版が存在します。好みの視聴方法を選択すると良いでしょう。私てきには、字幕版の方が好きです。

やはり、演技者当人の口から言葉が出ていますので、その分、リアリティがある感じる量も多くあると思うからです。

「タイムマシン」

2002年に公開された映画タイムマシン。ハリーポッター同様に、いつの間にかその驚愕な世界観にどっぷり引きずり込まれていくタイプの、引きずり込み系作品となっています。

過去へ未来へと奔走する展開は、バックトゥーザフューチャー感がありますが、あれとは全く異なる雰囲気を味わえるのでおすすめです。関係ないですが主人公の婚約者役の女の人はかわいいです。

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」

重厚なストーリー展開が、ハリーポッターと似ていると感じます。また主人公の俳優が童顔であることも、なんとなくハリーポッターと似ています。

この作品、好きな人はとことんハマると思いますが、一つ問題点があるとするなら、長いという点です。この、ロード・オブ・ザ・リング王の帰還は、200分の大作です。

200分ですから3時間ちょいある。この長さはちょっとダルくなるかもしれません。私は完全にダルくなって、周囲が面白いと言っているなか、否定派に回っていました。

「アバター」

2009年に公開され、世界記録を樹立した特大ヒット作です。若干気色の悪さが目立つ肉体「アバター」ですが、不思議なもので、映画を見ていく中でだんだんと見慣れていきますし、主人公と恋におちる女アバター的なキャラクターが、愛おしく見えてきたりします。

この映画の見どころは何と言っても、その圧倒的なグラフィックでしょう。

どでかい鳥に乗って、縦横無尽に飛び回るシーンなどは、鳥肌が立ちました。脚本自体は、公開の10年前に仕上がっていたそうですが、その内容を映像化するだけの技術が当時備わっておらず、10年以上待つことになったのだとか。

映画「ハリーポッター」の見どころは?

まず最初の見どころは、女優エマ・ワトソンの存在です。女優好きの私としては、このポイントは外せません(^^)/

ハリーポッターシリーズが映画公開された当時、11歳の女の子だったエマ・ワトソンも今や27歳の立派な女性に成長しました。

最近では、女性が教育を受ける権利の拡充について啓蒙したり、ジェンダー間の平等についてスピーチを行ったりと言った少女のイメージからは考えられないような活動もしているようです。

11歳の時の撮影裏話としては、撮影スタッフがいる前で、ロンとハリーとハグをするシーンがとても恥ずかしく、嫌がったそうな。結果的には監督が、ロンとは握手、という妥協案でOKしたようです。

まだ子供の頃、エマ・ワトソンにこんな質問が飛んできました。「ハリーかロンとキスシーンがあったら?」それに対する回答は、「契約にないからありえないわ!」だったそうです。子供でありながら、随分、しっかりとした回答をするものだなと感じます。

子供の頃に、なかなか「契約」なんてワード自体が出てこなそうなものです。子供とは言え、役者をしているからなのか、外国人にとって、「契約すること」自体が身近な要素なのかもしれません。

結果的にはハリーともロンともキスシーンを演じているようです。実際にそのシーンを画像で見ましたがとても美しく、ハリーよ、魔法で私と立ち位置を変わってくれと思いました。

その他の見どころは、主人公ハリーがどんどんどんどん大人っぽく成長していくところでしょうか。エマ・ワトソンもそうですが、最初の作品では子供だったハリーが、明らかに男へと成長していく姿は、感慨深いものがあると思います。

映画「ハリーポッター」(吹き替え動画)を見た映画ファンの感想は?

映画「ハリーポッター」を見た映画ファンの感想をいくつかご紹介していきます。

https://twitter.com/pottermaniajp/status/858486837098172417
https://twitter.com/thecinema_ch/status/858785407340863489

10年以上昔の映画だと、ちょっと空気感などが古く感じて楽しめない作品もあったりしますが、これを見る限り、この映画ハリーポッターに関しては大丈夫なようですね。

それから、これはどの映画にも言えることと思いますが、原作もチェックするとより、その世界を深く知り楽しめると思います。

もしかしたら、原作を先に読んでしまうと、映画が物足りなく感じることもあるかもしれませんが、それは目先の感情だけを判断基準にしているに過ぎません。

その世界をより深く愛し、どっぷりハマッていくことを正解をする上では、大した問題ではありません。とにかく、原作をからめて自分の中に取り込んだ方が、深く楽しめることは間違いないです。

以上、

ハリーポッター(映画)動画フルを吹き替えで無料視聴する方法

についてお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です