「客主」キャストのチャンヒョクを徹底分析!!

韓国を代表する時代劇俳優といえば、チャンヒョクさん!端正なマスクと筋肉質のスタイルで日本でも大人気です(*^^*)

今回は「客主」のキャスト・チャンヒョクさんの役柄、人物像について迫ってみたいと思います(*^^*)

チャンヒョクが出演する「客主」のあらすじは?

チョン・ボンサム(チャンヒョク)の父、チョン・オスは干しナマコの商いを行う千家客主(問屋機能を持つ商団)。

オスの義理の兄弟で番頭のキム・サンムンは金策に失敗し借金が膨らみ、その返済のためにアヘンの密輸に手を染めてしまう。

(サンムンにアヘンの密輸を持ち掛けたのは両替客主のハクチュン。ハクチュンの目的は千家客主を手に入れること。お金に困ったサンムンの弱みに付け込み、罠をしかけたのだった)

アヘンが見つかり、サンムンは規則によりオスから死を命じられてしまう。それを逆恨みしたサンムンの息子のソゲが、オスの荷物の中にアヘンを忍ばせる。

オスこそがアヘン密輸の首謀者だと疑われ、オスは冤罪にもかかわらず処刑されてしまう。そして千家客主もハクチュンの手に…。ボンサムは姉ともはぐれ、天涯孤独となる

そんなボンサムを育てたのが馬房のチョ・ソンジュ。ソンジュは父親譲りの商才を持つボンサムを、息子のようにかわいがり教育し後継者として期待するが…

そのことをよく思わない番頭が馬房の権利書とソンジュの妻を奪い逃走!権利書を取り戻そうと追いかけるボンサム。

一難去って一難…ボンサムを次々に襲う悲運。ボンサムはこの運命の荒波に抗うことはできるのか…?!

▼感想

出る杭は打たれるとは、いみじくも言ったものです。皆の幸せのために商売をしていたオスを襲った悲劇。でもこのことが、朝鮮一の巨商、ボンサムを生むきっかけになります。

幼い頃から利発で皆に愛されるボンサム。だけどプライドの高い優等生ではなく、人に優しい手を差し伸べられる賢い子。いじらしいくらいにまっすぐで素直なボンサムの人間性に心洗われます。

「客主」キャスト・チャンヒョクはどんな役?

「客主」ではキャスト・チャンヒョクは、チョン・ボンサムを演じます。

ボンサムは、朝鮮一の巨商と呼ばれる人物。幼い頃に父を冤罪で失い、姉ともはぐれ、天涯孤独の身となりますが…馬房のチョ・ソンジュと出会い、第2の人生を手に入れます。

どんなにつらいことが起きても、逃げずに立ち向かうボンサム。自分の利益だけを考えることはせず、常にみんなが幸せになる方法を探すボンサム。

非情に頭がよく勉強ができたこともあり、ボン先生と呼ばれ、周りにいろんなことを教えてあげていた優しいボンサム。

情の深いボンサムを演じるチャンヒョク。キャストのチャンヒョクがボンサムに近づいているというより、ボンサムがキャストのチャンヒョクに憑依しているかのような自然な演技♪

ボンサムを演じながら、キャスト・チャンヒョクの人間性もにじみ出ています。だからみな夢中になるのでしょうね(*^^*)

「客主」キャスト・チャンヒョクはどんな人物?

さて「客主」キャスト・チャンヒョクはどんな人物なのでしょうか?気になりますね(*^^*)日本でも大人気のチャンヒョク、素顔に迫ってみましょう。

本名は、チョン・ヨンジュン。1976年12月20日生まれの40歳です。

身長177センチ、63キロ、細マッチョ系ですね(*^^*)

2008年6月2日に6年間の交際を実らせ、2歳年上の元ダンサー、キム・ヨジンと結婚。現在2男1女のパパでもあります♪

奥様とはジムで知り合い、猛アタックしたそうですよ♪ヨジンさんはダンスの仕事がないときはジムでピラティスを教えていたそうです。ピラティスといえばほぼ女性のクラス。

女性の中で男性一人、タイツをはいてピラティスを受けてアピールしまくったそうです。チャンヒョクさんって一途なんですねぇ(*^^*)

韓国ではピラティスのとき、男性も女性もタイツをはくそうです。チャンヒョクさんのタイツ姿…なんか想像したいような、したくないような?!

▼主な代表作

代表作には、明朗少女成功記(2002年)、ありがとうございます(2007年)、根の深い木(2011年)、運命のように君を愛してる(2014年)、輝くか狂うか(2015年)などがあります。

▼軍隊入隊

2004年11月に軍隊に入隊し2006年11月に除隊。

チャンヒョクさんはこの軍隊時代に、本名のチョン・ヨンジュンに戻ることができ、自分を見つめ直すことができたと語っています。

入隊して辛いこともあったけど、何度も練習するうちにできるようになったことから、繰り返すことは大事。だけど世の中も演じる世界も諸行無常だから、慣れることに逃げてはいけない、と語っています。

チャンヒョクさんは常に自分に厳しい、自分を追い込む、そんな印象を受けました。ストイックと言う言葉がぴったり(^^♪さすが俳優さんですね。

「客主」キャスト・チャンヒョクのまとめ

少し影のある男性…そんな印象のあるチャンヒョクさん。幼少期、父親とあまり一緒に過ごせなかったことが今も寂しさにつながっているとか。

でもその影が俳優としての魅力をアップさせていますよね(*^^*)つかみどころのない、まだまだいろんな顔で私たちを魅了してくれる。そんな期待を持たせてくれる影。

寂しい感情を知っているからこそ、演技に独特の深みがでるんだろうな♪チャンヒョクさんを見てそう思いました(*^^*)人生に無駄なことって何一つないんですね、なんだか励まされるなぁ(*^^*)

以上、「客主」キャスト・チャンヒョクについて知りたい!どんな役?どんな人物?をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です