ファジョンキャストの子役は?

2015年の韓国歴史エンターテインメント作品『華政(ファジョン)』は、話題の逆輸入俳優・大谷亮平さんも出演するなど、韓国内だけでなく日本でも注目されている作品です。

そんな『華政(ファジョン)』には日本の大河ドラマのように、様々な子役キャストが登場しています。演じているのは一体どんな子役たちなんでしょうか?早速調べてみました!

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」あらすじは?

yjimageO19ZHTA6

1608年、王の息子だが正室の子ではない光海君(チャ・スンウォン)は国や父親から疎まれており、異母妹・貞明公主(ホ・ジョンウン)だけが彼の心を安らげてくれる存在だった。

そんな中、父・宣祖が突然亡くなり、嫡子たちがまだ幼いことから光海君が15代目の王として選ばれることになるが、それが彼の運命を大きく揺るがすことになるのだった。

また、貞明公主の運命もそれから大きく変化していくことになる。兄・永昌大君(チョン・ジンソ)を亡くし、母・仁穆大妃(シン・ウンジョン)は幽閉されてしまい、残された貞明公主は命からがら逃げ出すが、流れ着いた長崎で奴隷の“男”として厳しい日々を過ごすことに…。

貞明公主は自分をそんな運命に追い込んだ光海君へ復讐を果たすため、周りの協力のもと朝鮮へ戻るのだが・・・!?

思わぬ転落により想像を絶するほどの過酷な状況が貞明公主を襲いますね。『華政(ファジョン)』は韓国のいわゆる“時代劇”なので、登場人物も実在の人物で、もちろん貞明公主も実在した悲劇の王女です。

『華政(ファジョン)』という題名も実在した彼女の有名な書道作品の一つで、彼女の本物の筆跡がドラマのタイトルロゴとしても使用されていますね。

また、日本の大河ドラマのようにキャストが子供の頃から話が始まるので、韓国で注目の子役キャストが次々と登場するところもこの『華政(ファジョン)』の注目ポイントの一つです!

内容は復讐がテーマの少し重いものですが、子役が出てくるシーンは見ていてなんだか微笑ましく感じるのです(^O^)

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」子役キャスト一覧!

それでは『華政(ファジョン)』に登場する子役キャストを早速ご紹介していきましょう!

『華政(ファジョン)』貞明公主(子供時代)

2yjimage

名前:ホ・ジョンウン
生年月日:2007年9月14日

【過去の主な出演作品】

「誘惑」
「ジキルとハイドに恋した私」
「悪魔は誰だ」
「最後まで行く」
「ミス・ワイフ」

2012年、5歳でデビューを果たしたホ・ジョンウンちゃん。2015年には8本のドラマに出演するなど、韓国では超売れっ子子役の一人です!王となる前の光海君とのシーンはまるで親子のようでかなり微笑ましいですヽ(*´∀`)ノ

『華政(ファジョン)』洪株元(子供時代)

yjimageKHM44XZV

名前:チェ・グォンス
生年月日:2004年10月5日

【過去の主な出演作品】

「明日もカンタービレ」
「その兄弟の夏」
「パパをお貸しします」
「本当に良い時代」

2011年に釜山でスカウトされ、子役の道を歩みだしたチェ・グォンスくん。ドラマスペシャル「その兄弟の夏」では主演を務め、“KBS演技大賞青少年演技賞”という立派な賞まで受賞するほどの演技派の子役です。クリクリした瞳が可愛らしい美少年ですね(*゚▽゚*)

『華政(ファジョン)』康仁祐(子供時代)

yjimageR39KFN58

名前:イ・テウ
生年月日:2005年12月1日

【過去の主な出演作品】

「いとしのクム・サウォル」
「恋は七転び八起き」
「その冬、風が吹く」
「瑠璃<ガラス>の仮面」
「ビッグマン」

イ・テウくんもデビューは5歳とすでにキャリア十分な子役です。出演作もほかの子役と比べ特に多く、様々な作品の主要キャストたちの幼少時代をたくさん演じていますね。将来が楽しみなイケメン子役ですヽ(´▽`)/

『華政(ファジョン)』永昌大君

yjimageZ5BRXHYX

名前:チョン・ジンソ
生年月日:2006年5月28日

【過去の主な出演作品】

「あなたしか愛せない」
「シンデレラと4人の騎士」
「主君の太陽」
「相続者たち」
「星から来たあなた」

チョン・ジンソくんは5歳でキッズモデル大会で優勝した経歴を持つ売れっ子キッズモデルです。子役としても多くの作品に出演していますね。『華政(ファジョン)』でも8歳にして無念の死を遂げる永昌大君をその演技力で見事に演じていますよ。

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」子役キャスト以外にも見どころは?

yjimageVV79OIMD

「華政(ファジョン)」の子役キャスト以外の見どころとしては、倭国(日本)を忠実に描いている点ではないでしょうか。

今までの韓国ドラマでももちろん日本人が登場するシーンは多くありましたが、それを演じていたのはほとんどが日本語は片言の韓国人俳優の方々でした。

しかしこの「華政(ファジョン)」ではテレビドラマにも関わらず、”京都太秦”など実際に日本でロケをし、全て日本人役は日本人俳優達が演じているんです。

日本のシーンで登場する大谷亮平さんもその一人。逃げ恥で大ブレークを果たした大谷亮平さんですが、この「華政(ファジョン)」では商人“イダチ”として登場します。大谷さんの貫禄と流暢な韓国語にももちろん大注目ですよ!(*゚▽゚*)

『華政(ファジョン)』は日本の時代劇のようなクオリティの迫力ある映像と、一国の王位継承にまつわる壮大な物語、そしてそれを演じる注目子役をはじめとした人気キャスト達が集まった豪華な韓国ドラマです。

韓国ドラマを見たことない人にも是非オススメしたい作品ですねヽ(*´∀`)ノ

以上、

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」キャストの子役は?

という内容でお届けしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です